中古住宅を購入して半年 良かった点・悪かった点

中古一戸建て住宅を購入して約半年が立ちました。

新居にはもうすっかり慣れて、快適に過ごしています。

軒並み快適ですが、細かいところですが、色々と感じることもあります。

今回は、入居から6ヶ月住んで浮かび上がった、中古住宅のメリット・デメリットについて書いてみます。

中古戸建てを購入して感じるメリット・デメリット

良かった点

  1. 子供がのびのび遊べる
  2. のんびり過ごせる
  3. 周囲の環境が良い
  4. 収納が多い
  5. 通気しやすい作り
  6. 井戸水が使える
  7. お風呂は灯油ボイラー

子供がのびのび遊べる

賃貸住宅に住んでいた時は、周囲の住人に気兼ねすることが多かったです。

特に、子供が小さいので泣いたりすると鳴き声のうるささ等、気を使っていました。

でも、こちらの戸建てに引っ越してきてから、その心配もなくなり、思う存分子供を遊ばせられるようになりました。

家の敷地が広いので、鬼ごっこなどもできるようになり、子供も喜んでいるようです。

のんびり過ごせる

以前住んでいた賃貸住宅が狭かったのもあり、何か窮屈な気がしていました。

でも、今の家は敷地もそこそこ広く、手狭感は全くないので、ゆったりと暮らせる感じです。

心豊かに暮らせている感じがします。

欲を言えば、もう少し庭が広ければバーベキューができるのにと思うくらいです。

周囲の環境が良い

我が家は国道から少し離れた場所に位置していて、車の通る音がほとんどしません。

以前住んでいたところは、大きな国道の正面に位置していたので、夜中でもやかましい感じでした。

暴走族もたまに出没して爆音を鳴らすので、困っていましたが、こちらに移ってからはその問題もなくなり、助かっています。

収納が多い

中古で購入した我が家はやたらと収納が多い家です。

ですから、収納には全く困ることがありません。

以前住んでいた家は、部屋に物を置くとすぐに狭く感じていましたが、今は収納の問題がないので助かります。

通気しやすい作り

一階も二階も窓を開けて通気できるので助かります。

以前住んでいた家は、一階だったのですが、セキュリティ上、窓を開けて通気するのが困難でした。

しかし、今の家は北も南も窓を開けられるので、自然の風が部屋を通り抜けるので気持ちが良いです。

井戸水が使える

我が家は外の水道だけは井戸水が使えるようになっています。

そのため、外壁の掃除や車の洗車などに井戸水が使えます。

小さなことですが、水道代の節約になるので助かります。

お風呂は灯油ボイラー

我が家はキッチンはプロパンガスを利用していますが、お風呂は灯油です。

灯油の良さは何と言っても『安さ』。

お風呂の灯油代がかなり安く抑えられているので、ずいぶん光熱費の節約になっています。

悪かった点

  1. 虫や動物の問題
  2. 部屋の一部に歪み有り
  3. お風呂が寒い
  4. リビングの電気代

虫や動物の問題

これが一番の誤算とも言えます。

とにかく虫が多い。

田舎であるのと、向かいの家が、とてつもない大きな庭(雑木林)をもっているので、

ハチやらヤスデやらが多いです。

とくに、梅雨に入りヤスデの大群が家壁に這って気持ちが悪かったです。

ムシコロリという薬剤を使って何とか駆除しました。

死骸が周囲に散らかっていて、更に気持ち悪いです。

また、家に隙間があるのか、小動物が中二階に上がってきたことがありました。

イタチかテンだろうと思われます。

すぐにいなくなったので良かったですが、居座られたら困ります。

多分、新築戸建てならこのようなことはないと思いますが、中古住宅ならではの問題ですね。

部屋の一部に歪み有り

これは入居前にチェックしていなかったのですが、二階の寝室に床の歪みがありました。

リフォーム会社の人に見てもらいましたが、特に住むのには問題ないだろうとのこと。

でも、今後いずれ修正しないといけないかなと思っています。

リフォーム代が掛かるのは痛いですね。

お風呂が寒い

1月にこの戸建てに引っ越してきたのですが、一番に感じたのが、『お風呂が寒い!』こと。

我が家のお風呂は浴室がとても広くて天井が高いのもあり、寒くて死ぬかと思うほどでした。

また、追い焚き機能がついていないので、すぐにお湯が冷めてしまいます。

覚悟はしていましたが、これは耐えられないと思いました。

そのため、夏の間(寒くなる前)にお風呂のリフォームをすることにしました。

リフォーム代金は120万円と高額ですが、長く住むので致し方ありませんね。

ユニットバスで、乾燥機と暖房がつくので、寒さからは開放されることになります。

中古住宅を購入してお風呂をリフォームした感想

リビングの電気代

冬のリビングも、お風呂に負けず劣らず寒かったです。

特に今年の冬が厳冬だったので、なおさら寒く感じました。

そうすると、エアコン代も高くなります。

以前住んでいた賃貸住宅よりも倍近く電気代がかかりました。

床に断熱材が入っていないのも原因のひとつです。

また、以前のリビングは12畳でしたが、今は18畳で広くなったので当然電気代もかかります。

まとめ

色々と良いところ・悪いところを書いてきました。

ただ、総合的に感じるのは、半年経っても『良い家を買ったな』と感じています。

悪い部分は何とか対策が施せているので問題ないです(大きな費用も掛けずに)。

住む前にある程度、問題を想定していたことなので、大きな驚きはないです。

100%完璧な家はないと思うので上手に付き合っていければと思っています。

せっかく購入した家なので、これから更に快適に住めるように工夫したいと考えています。

中古住宅を購入を考えているブログ読者の方のご参考になれば幸いです。

全国の中古住宅・中古一戸建てが探せます

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク