中古住宅を購入する際は豪雨や台風などの水害についても考えることが大切

2018年7月。数十年に一度と言われる『西日本豪雨』が発生しました。

主に西日本各地で甚大な被害をもたらしました。

私の住む福岡県も大豪雨に見舞われました。

前の年に続き2年連続の水害です。

長時間に渡り大雨が続き、道路は冠水、川のような濁流が各地を襲いました。

運良く我が家は特に被害がありませんでしたが、水害の恐怖を実感しています。

私も家を購入する前に、多少は水害について気にかけていたこともありました。

しかし、万全ではなかったように思います。

立て続けに豪雨を経験したことで、住宅と水害についてより深く考えるようになりました。

以下は、私が思う『住宅を購入する際に注意深く検討したいこと(水害編)』です。

住宅を購入する際に注意深く検討したいこと(水害編)

  1. 河川に近い土地・建物
  2. 崖に近い土地・建物
  3. 低い土地・建物
  4. 避難が難しい土地・建物

河川に近い土地・建物

やはり川沿いの家は危ない印象があります。

今回の大雨で川が氾濫して亡くなられた方も多数おられました。

川沿いの道路が陥没して車が川に流された事例もありました。

家が水没してしまう地域もあったようですが、それは川沿いに集中していました。

私も以前、川沿いに住んでいましたが、大雨で川の水位が上昇し、あと数時間もすれば氾濫するという寸前まできたことがありました。

平静な時は川は安らぎをもたらしてくれますが、大雨の時などは恐怖でしかないです。

冠水しやすいのは川の側が多いようです。

ですから、これから住宅を購入される予定の方は、川沿いの土地、建物については注意深く検討された方が良いと思います。

崖に近い土地・建物

やはり崖や山に近い土地や建物も購入の際は良く考えた方が良いと思われます。

大雨や台風の時にニュースでよく見るのが、『山崩れ・がけ崩れ』です。

山に近いと自然の食べ物が豊富で良い面も確かにありますが、危険と隣り合わせになります。

崖の近くは土地の価格が安い場合も多いですが、命には代えられません。

私も今の家を購入する前に、他の中古物件で気に入ったところがあったのですが、崖の斜面に近いところでしたので、防災面で不安があったので購入を断念しました。

雨が降るたびにビクビクしなければならないのも精神上良くないと思います。

低い土地・建物

最近の家は、平たい土地に、ドンと建物をそのまま立てるスタイルが多いようですが、個人的には案外それは危険じゃないか?と思います。

特に、今回の大雨でそう感じました。

今回の水害では、近所の低地にある大型スーパーが水浸しになっていました。

そのスーパーは平地にあり、川沿いだったこともあり、店内に浸水して大きな被害に遭ったようです。

一般の住宅でも同じです。

平たい土地に何も遮るものがなければ、大雨で大量の水が流れこんだら一発でアウトです。

我が家の場合は、階段を三段ほど上がった上に家が建っています。

高いところは1.5mほどのブロック塀があります。

今回の大雨では、側面の道路は川のように水が流れていましたが、高さがあるので、全く浸水の危険性はありませんでした。

ですから、家にいても安心できました。

古い家でブロック塀が古めかしい点が嫌いだったのですが、今回はそれに救われました。

利便性や見た目を考えたら平地の方が良いですが、安全面を考えたら、建物は道路よりも少し高いところに建物がある方が良いように思います。

海抜10m以下の土地は特に注意した方が良さそうです。

家の購入時には『海抜』も注意して見ておくことが大事なことかもしれません。

避難が難しい土地・建物

日本に住んでいる限り、台風や大雨で避難が必要な時があると思います。

そんな時のために、避難する場所までの道のりを調べておいた方が良いです(できれば家を購入する前に)。

以前私が住んでいた賃貸住宅は、避難所までの距離が相当にあり、大雨の日にはどうあがいて歩いて行ける場所ではありませんでした。

ですから、大雨の時はビクビクしていました。

また、周囲に高い建物がなく、川沿いだったので、川が氾濫すると橋も渡れないし、逃げ場がほとんどない状態でした。

そんなことにならないように、予めご自身が購入される土地・建物と避難所の距離、導線、周囲の建物等は見て知っておいた方が良いと思います。

水害時に逃げる場所がないのも恐怖です。

まとめ

近年は暑い日(30度以上の日)が多く、多雨の日、それもゲリラ豪雨になる日が多いように感じます。

温暖化が大雨の原因かどうかはわかりませんが、体感的に大雨の日が多いのは確かだと思います。

そんな時代ですから、できる限り、水害に関する備えはしておいた方が良いように思います。

川や崖がどれくらいの距離にあるかは、グーグルマップやグーグルアースなどで調べることが可能です。

また、各自治体のハザードマップを取り寄せたり、ホームページで閲覧してみるのもおすすめです。

ハザードマップはその土地の災害の危険度を知る上で、大変重要なものです。

中古住宅を購入されるご予定の方は、家の良し悪しだけでなく、防災面もしっかりと考えておく方が良いと思います。

ご参考まで。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク