我が家の住宅ローン 支払い方法や月額の支払い

さて中古住宅を購入する際に悩むのが、

住宅ローンを組むか、一括で買うか、頭金を入れるか。

色んな選択肢があると思います。

以下は我が家の場合です。

我が家の住宅ローン

我が家の場合は、今回依頼した不動産屋さんの勧めもあって、

35年変動金利での借り入れとなりました。

頭金はゼロ。

近年、不景気で現状の金利が安いこともあり、

また、今後も金利に大きな変動がなさそうなので、

長期借入はお得との判断で、

35年変動金利での借り入れとなりました。

ウチの場合は、事情があって、住宅ローンの債務者は嫁さん。

私自身は、自営業で、毎年確定申告を行っているものの、

所得額が少くて、単独での借り入れが厳しいとのこと。

ですので、嫁さん名義での借り入れとなりました。

私は、連帯保証人になりました。

ただし、支払いはあくまで私の収入からになります。

当然、繰り上げ返済も視野に入れています。

しかし、不動産屋いわく、いまの低金利から考えると、

出来るだけ長く借りておく方がお得とのこと。

ただ、借金は借金なので、早めに返したいところです。

十数年先に、子供の学費が増えるので、

それまでにお金を貯めて、

前倒しでの支払いも進めておきたいところです。

毎月の支払い

ちなみに、毎月の支払い金額は、

以前住んでいた集合住宅の家賃よりも、

1万五千円ほど安くなりました。

それに、毎年、固定資産税がかかりますが、

我が家の土地は、市街化調整区域に指定されていて、

固定資産税が随分とお安くなっています。

都市計画税が課税されない分安くなります。

その代わり、今の土地では、

看板を上げて商売などをしてはいけないことになっています。

土地の利用に制限があるため、土地代が安いということです。

別に家で看板を上げて商売をやるわけではないので、問題なしです。

問題があるとすれば、売る時に土地代が安いということだろうと思います。

でも、正直、ここが終の棲家(ついのすみか)の予定なので、

売ることを前提にしていないので、問題なしです。

また、家の価値が築26年でほとんど価値がないのも、

固定資産税が安いのに拍車を掛けています。

固定資産税は年4万円程度。

かなり、お安く、お得です。

ただし、自治会費が初回5万円。

それから自治会の年会費が年10000円ほどかかります。

隣組の会費が年3,000円程度。

それでも、以前住んでいた集合住宅よりも、

月額費用は随分安くなります。

まとめ

中古住宅を購入する際に、懸念していたのは、固定資産税でした。

しかし、上記のように、格安で、正直かなり助かります。

毎月の費用を抑えられるのは、有り難いです。

中古住宅のメリットを図らずも得られたのは、大きかったです。

ご参考まで。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク