中古住宅を購入した動機と私の家族構成と年齢・職業

この度、中古住宅を購入しました。

その備忘録として、このブログを書くことにしました。

家族構成

まずは、購入者の家族構成でも。

  • 夫 43歳(筆者本人)自営業
  • 妻 32歳 OL
  • 子 1歳 保育園

三年前に結婚しました。

筆者本人は自営業で、ネット関係の仕事と物販を手がけています。

嫁さんは会社勤めで、今は時短勤務です。

子供は1歳で毎日保育園に通わせています。

中古住宅購入の動機

40歳で結婚して、子供も授かりました。

独身の時を含めると、

8年ぐらい3DKの集合住宅に住んでいました。

集合住宅も可もなく不可もなしで、

そんなに悪くはなかったです。

家を購入することを決めたのは、

実は家を買う2ヶ月ほど前

速攻でした。

以前から、もう少し広い家に住みたいと思い、

一度は不動産屋に訪れたのですが、

その時は賃貸の中古戸建てを探しました。

しかし、その時は月額の家賃が高いので諦めました。

それから2年ぐらい時が過ぎました。

親子三人なら3DKの賃貸マンションでも何とかなるのですが、

私の仕事がインターネットの物販で、

品物を集合住宅に運び込むと、

すぐに手狭になりましたし、

物を入れると汚れたりするので、

正直どうにかしたいと思っていました。

そんな中、子供が産まれ、保育園に通うようになりました。

子供が家の中を歩き回るようになり、

リビングに物が溢れ、よく病気するようになり、

ごちゃごちゃしたリビングは衛生的にもよくありません。

実際に私もよく子供の病気がうつりました。

環境を変えないといけないなと直感した時でした。

嫁も同じような気持ちを持っていたようで、

あっさり戸建てを買おうと決め、

不動産屋に行きました。

新築購入の気持ちはほとんどなし

ふつう、不動産の購入の際には、

新築か中古かどちらにするかを多少は考えると思います。

しかし、我が家は新築での購入の選択肢は外しました。

というのも、土地を持っていないですし、

新築を一から立てると、容易に返済できる気がしなかったからです。

返済できても、支払いに汲々(きゅうきゅう)とするぐらいなら、

自分たちの身の丈にあったくらいの物件を選ぶ方が良いと判断しました。

うちの所得で無理なく支払えて、

住みやすい住宅を見つけるようにしました。

エリアを妥協する

最初は、以前住んでいた集合住宅の近くで

家を探そうと思ったのですが、

その地域は思いのほか、

中古一戸建ての値段が高いことがわかりました。

不動産屋さんも、もう少し郊外のエリアも視野に入れると、

安い物件が見つかる可能性はありますよと言われたので、

少し離れた地域も選択肢に入れることにしました。

最寄り駅が近くて、車の交通の便がよく、

子供が何とか通える距離に学校があることを条件に、

ネットで調べました。

幾つか、めぼしい物件を見つけて、

不動産屋に案内してもらい、

その中からこれは良いという物件に即決しました。

実際には、たった3件しか見てません(笑)

ほとんどは、写真で間取りや条件を確認して、

却下し、実際に見た中で『これだっ!』という物件に決めました。

このブログでは、購入までの道のりから、注意点、

引っ越しの準備、住み始めてからの問題点などについても書いていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク