中古住宅の購入は予算を決めておいた方がいいですね

今回のテーマは、

中古住宅の購入は予算を決めておいた方がいいですね』です。

我が家は中古一戸建てを購入しました。

その際に、実は漠然とした金額しか頭になかったのですが、

予算を決めておかないとエライことになるなと後で思いました。

ここでは、実際に私が家を購入して感じた、

予算決めの大切さについて書いてみました。

家を買う際に予算を決めておいが方が良い理由

家以外に掛かる費用がある

インターネットや不動産情報誌などに載っている家の価格があります。

良いなと思って申し込みしても、実際にはそれ以上にお金が掛かります。

例えば、2,500万円の中古住宅を購入しようと思ったら、

当然、その金額で収まりません。

以下は住宅を買う際に必要な費用です(我が家の場合)。

住宅の価格

先述の通り、当然ながらまずは住宅価格。

値引き交渉が出来そうな場合は、やってみるのも良いですね。

不動産仲介手数料

売買代金×3%+6万+消費税です。

2,500万円の場合は87万4800円です。

固定資産税・都市計画税

これは家を購入してからは自分で払うものですが、

購入時は、不動産会社が手続きしてくれました。

日割り計算です。

銀行の諸経費

我が家の場合は、融資代行手数料が掛かりました。

我が家の場合は費用は54,000円。

大体10万円ぐらいが相場のようです。

これは、不動産会社を経由して住宅ローンを組んだからですが、

もし、ご自身で住宅ローンを銀行で借りる場合は、

この費用は要らないはずです。

自分で融資銀行を探して住宅ローンを借りる場合は、

この費用が掛からないので、こちらの方が良いですね。

私はこれを知りませんでした。

額が大きくなると、もったいないので、自分で探せるなら、

自分でやる方が節約になりますね。

銀行保証料

これは住宅ローンを自分たちが払うことができなくなった場合、

保証会社が残りのローン金額を肩代わりするものです。

でも、肩代わりしたからと言って、

支払いをしなくて良いかというとそうではなくて

保証会社が銀行の代わりに返済の請求をしてくるだけの話。

要は、銀行が取りっぱぐれないようにするための仕組みですね。

借り入れ額に応じて変動するようです。

火災保険

我が家は不動産会社の言われるままに火災保険に入りましたが、

自分で選べるなら良いですね。

10年一括で約30万円でした(地震保険も含む)。

契約更新時に、別の火災保険会社に入っても問題ないようです。

所有者移転・抵当権設定登記費用

司法書士に委託する費用です。

我が家の場合は30万円ほど掛かりました。

正直、何でそんなに高いの?と思いました。

この手続も自分で出来るようです。

バタバタしていて、我が家はお任せしましたが、

費用を抑えたい場合は、チャレンジしても良いかもしれないです。

ただ、正直、平日の時間を使ってやらなければいけないので、

かなり面倒なこととも言えそうです。

その他

売買契約印紙、銀行金消契約印紙代などが3万円ほど掛かりました。

まとめ

住宅価格とは別に、

  • 不動産仲介手数料
  • 固定資産税・都市計画税
  • 銀行の諸経費
  • 銀行保証料
  • 火災保険
  • 所有者移転・抵当権設定登記費用

などが掛かります。

ですから、実際の購入金額は住宅価格よりも

数百万円高く掛かると見積もった方が良いですね。

例えば予算が2,000万円の場合、

実際には1,600~1,800万円の住宅価格までが上限になるのかなと思います。

上記金額に+住宅ローンが掛かりますからね。

あんまり無理して予算を組んでも、返済が苦しくなりますし、

中古住宅はリフォームなどでランニングコストも掛かる可能性があるので、

できるだけ住宅価格はシビアに考えておいた方が良いように思います。

ご参考まで。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク